ついに始まりますよ!
キャッシュフローコーチのMVPを決定する祭典、第1回MVPコンテスト!

ビジョナリーパートナーの和仁達也です。

このMVPコンテストでは、事前に選出された精鋭6人が

photo

「キャッシュフロー(CF)コーチが
 クライアント先でどんな成果を上げたのか?
 また、具体的にどうやって?」

「CFコーチがプレイヤーとして
 めざましい成果(受注やJVの実現など)を
 どのように実現したのか?」

を、10分間のプレゼンに凝縮して、公開してくれます。

日頃、断片的に聞いている成果の全貌がわかり、また水面下では
どんな思考や動きをしていたのか、その成功の秘訣を再現性を持って知ることができる。

そして、それを目の当たりにした人は、心が奮い立ち、
自然と「チャレンジしよう!」という気持ちがフツフツと
湧き上がってくることでしょう。

「自分は結構イケてると思っていたけど、もっとスゴい人がこんなにいたとは!」
「自分も、もっとさらなる高みにいこう!」
「もっと工夫してみよう!」
「もっと行動量を増やそう!」

心に火がつき、あなたの行動を突き動かす衝動が
腹の底から湧き上がってくる1日となる
ことをお約束します。

photo

その状態こそ、和仁が長年
カンパニースピリッツに掲げている
「ワクワク感動」している状態なのだと思います。

ぜひ、意識レベルの高いCFコーチ全員が
集合する場の景色を見て、この1日、
CFコーチの世界観をみんなで堪能しましょう!

このMVPコンテストは、

「成果発表するプレゼンターとして登壇参加」 するも良し、
「エクセレントな成果を見て、刺激を受けに観覧参加」 するも良し。

どっちもありのお祭りです!

参加スタイルを1人ひとりが自分で選んで、
当日を迎えるまでの日々を約半年間、それぞれのCFコーチが楽しみに過ごす。

それが、CFコーチがさらに一体感を感じつつ、
日々の実践を加速するきっかけにもなればと願い企画しました。

このMVPコンテストに参加するのは、協会に属するCFコーチを中心に、
CFコーチのご家族や事務所のスタッフ、2016年度の養成塾生、
そしてCFコーチの活動に関心がある人(=将来のCFコーチ)です。

photo

彼らがここで得られるものは、
人によってそれぞれ異なるかも知れません。

いったい、何が得られるのか?

それは、次のようなものでしょう。

1・CFコーチが得られるものは何か?

仲間の成果に触れて、モチベーションがアップし、
明日からの行動が加速し、成果が前倒しで手に入る
きっかけとなるでしょう。

2・ご家族が得られるものは何か?

「パパ(ママ)はこんなスゴい人たちに囲まれて、
 こんな素敵な仕事をしているんだ!」

という誇らしい気持ちになれ、また、CFコーチとしては、
家族に仕事を理解してもらえることで、
家族からの尊敬と感謝の眼差しで見つめられる機会
となるでしょう。

3・スタッフが得られるものは何か?

ボス(=CFコーチ)がやろうとしている
CFコーチの世界観が一発で伝わり、社内に共通言語が生まれ
この日を起点に、事務所のビジョンが加速 することでしょう。

4・2016年度の養成塾生が得られるものは何か?

1年後の、理想の姿がここにある。
それを先取りすることができます。

人はイメージに引っ張られて動きます。

このMVPコンテストで脳に焼き付けることで、体が勝手に動き始め、
1年後にはあなたが壇上に立っているかも知れません。

今、コンテストを見届けることは、そのリハーサルとしてピッタリでしょう。

5・CFコーチに関心がある人が得られるものは何か?

「今の自分になくて満たされていない何か」を手にいれる場になります。

そして、新しい何かが人生に加わり、
未知な可能性を感じる機会になることでしょう。

それは、
「納得の報酬を得ながら、
クライアントの本業ど真ん中に貢献するやり方がある!」

という希望なのかも知れません。

さらに3賞の授与も!

MVPを表彰するだけでなく、今回は特別賞を3つ用意しました。

1.フルスイング大賞・・・思い切った実践、挑戦を行った人へ 2.あり方進化大賞・・・あり方に顕著な進化があった人へ 3.協会盛り上げ大賞・・・協会の盛り上げ・発展に多大な貢献をした人へ

これらの3賞は、事前に投票を行い、コンテスト当日は
その受賞式と受賞者のコメントを発表してもらいます。

特に、表に見える行動の水面下で、どんな思いがあったのか、
その普段は見えないところを話してもらうことで、
仲間に勇気を与え、また、ヒーローとして仲間に迎えられることでしょう。

ところで、
そもそも、なぜMVPコンテストを行うことにしたのか?

それをお伝えしたいと思います。

なぜ、MVPコンテストを行うのか?

わたし和仁が長年に渡り、多くのコンサルタントや経営者の支援をしてきた中で、

「短期間で急激な成長・進化を遂げる人の共通点」

に気づきました。それは、

「アウトプットが先で、インプットが後」

ということです。

photo

普通の人は十分にインプットをして、
自信がついてからアウトプットする、
という順番です。

その方が安心だからですね。

ところが、短期間で急激な成長・進化を遂げる人は、
見切り発車でアウトプットする場を先につくって、そこめがけてインプットする のです。

つまり、有言実行で「やらざるを得ない状況をつくる」ことが上手い。

その意味で、年末にMVPコンテストという「アウトプットの場」があることで、
CFコーチが日々のコンサルティングを充実させるきっかけになれば、
と願い、開催を決めました。

では、CFコーチが登壇する意義とは何でしょうか?

成果発表プレゼンで登壇する意義とは?

それは、登壇してプレゼンすることで、

・「アウトプットが先」効果で、成果が加速し、
・人に伝えるために成果を整理することで再現性がアップし、
・仲間に活躍を認知される。

photo

その結果、セルフイメージが勝手に引き上がり、
次のステージに導かれることが最大の意義
だと
わたしは考えています。

従来の、序列が出来上がった士業の世界と違い、
キャッシュフローコーチは新たな価値観を
これから生み出します。

つまり、日本キャッシュフローコーチ協会では
誰もがヒーローになれる可能性がある。

その晴れの舞台が、まさにこの、第1回MVPコンテストなのです。

当日は和仁達也の講演も!

photo

さらに、このMVPコンテストでは、プレゼンターの発表が終わり、
投票結果の発表までの約1時間、和仁達也の講演があります。

ここでは、
「仲間を巻き込むワクワクするビジョンの創り方」をテーマに、
実際にこの日本CFコーチ協会で取り組んでいることや、
その先を見据えたビジョンを事例として公開。

そして、周りがワクワクできるビジョンをいかに創造するか、
の和仁独自の着眼点と発想法もお話しします。

そのノウハウは、きっとあなたのコミュニティやクライアント先での
社内の巻き込み力にも応用できるはず。

この話は、普段のセミナーでは語ることがありません。

ビジョンを掲げて、仲間や顧客を巻き込み、影響力を最大化したい方は、
この話は必見
です。

さらに、和仁の講演後には各賞の発表があり、
そのまま移動なしで飲み放題・立食形式の懇親パーティーを行います。

この2時間は、和仁や6人のプレゼンター、CFコーチとの交流を楽しむもよし、
MVPコンテスト実行委員の企画を楽しむもよし。

「安心安全ポジティブな場」をお楽しみいただけます。
(参加費は、懇親パーティー代も含む金額です)

さて、当日のスケジュールはこのような流れです。

MVPコンテストのスケジュール

13:00 ~ 17:00 / コンテスト&和仁の講演会

・コンテストの進め方と採点方法の説明
・6人のCFコーチの10分間プレゼン
・和仁達也の講演「仲間を巻き込むワクワクするビジョンの創り方」
・MVPおよび3賞の発表

17:00 ~ 19:00 / 立食形式の懇親パーティー(延長戦)

・和仁達也や全国で活躍するCFコーチとの交流
・実行委員のお楽しみ企画
・立食形式&飲み放題

MVPコンテストの詳細のお知らせ

日時

2016年11月23日(水・祝)

場所

大崎ブライトコアホール(東京都品川区)

参加費

A・CFコーチ(協会会員): 16,200円(税込み)
B・CFコーチ(現役塾生)および、一般の方: 16,200円(税込み)
C・CFコーチの家族やスタッフ: 10,800円(税込み)

※ ABCともに、懇親パーティーの飲食代含みます。
※ 日本CFコーチ協会の会員CFコーチのご家族やスタッフの同行参加は、
  参加しやすい特別な価格設定にしています。

支払方法

クレジット決済のみ
(事務局の管理の都合上、クレジット決済のみとさせていただいております)

キャンセル
ポリシー

原則として申込み後のご返金はいたしません。

申込者には、当日の参加の有無を問わず、
  当日のコンテスト風景を収録した動画をストリーミングでご覧いただけます
  (後日メールにて配信予定)。

  また当企画は、少数精鋭で運営しており、
  キャンセル時の返金対応などが難しいと判断しました。
  そのため、原則としてキャンセル料のご返金は行いませんので、
  予めご了承をよろしくお願いします。

さて、お知らせは以上です。

記念すべき、伝説の第1回キャッシュフローコーチMVPコンテスト、
一体、どんな空気感が会場を支配するのか!?

わたしたちと一緒に、是非それを体験しましょう。

一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会 代表理事 和仁達也

追伸、

このMVPコンテストに参加することで、
行き詰まりを感じていた発想や行動に火が付き、

「自分にもまだまだできることあった」

と、自然と動かずにはいられない機会 になるはずです。

top