Report:協会活動レポート

協会活動レポート

photo
2017.09.25 MVPコンテスト合宿2017 in 熱海

2017.09.25

photo
90年近い歴史の「熱海 和風館」が会場。
我々も歴史を刻んでいきましょう。

みなさま、こんにちは。
“元気ですかっ!”
協会レポートプロジェクトリーダーの内山です。

9月25、26日の2日間、
「MVPコンテスト合宿2017 in 熱海」
が行われました。

これは、MVPコンテストを主催する実行委員と、
和仁先生、プレゼンター、ファシリテーターが
一堂に会して、

それぞれがそれぞれの
役割に応じて、意識を揃えて

「MVPコンテストに関して
 決めるべきことを一気に決めてしまおう」
というバトルロイヤル的な合宿です。

ちなみに、MVPコンテスト実行委員は月1回くらいのペースで
Zoomによるミーティングを行っています。

photo
A・A・Pな空間で
熱い打合せが繰り広げられました。

しかし、今回の会場は「後楽園ホール」
規模が昨年とは違います。

MVPコンテストを
より確実に成功させるために

日本全国から和仁先生と24人の
キャッシュフローコーチ達が
リアルな会議の場に集まりました。

CFC必見!会議の効率が上がるセットアップ方法

関係者総出での打合せですが、
本会議の時間は4時間だけ、

限られた時間内で
なんと10個もの議題を決める必要がありました。

この会議の進め方が
キャッシュフローコーチの
皆さんの参考になるのでシェアします。

1)事前にFacebookグループ上で、議題をシェアしておく。

2)当日は、会議の時間割をホワイトボードに記載しておき、
  みんなが時間を意識するようにする。

photo
和仁先生による入念な前置きトーク

3)和仁先生が、各人の役割、期待すること、
  会議終了時の理想の状態など
  入念に前置きトークとして説明する。

4)鈴木早苗MVPコンテスト実行委員長が
  議題を一通り読み上げる
  他メンバーはそれぞれの議題の進み方、
  確認したいことや説明したいことを
  イメージトレーニングしながら聞く
  (ここが超重要!)

どうです?
みなさんもできそうでしょ?

この前置きを経てから、
“1アクション3ゴール”を設定し、
“安心・安全・ポジティブ”な条件を整えたうえで会議を行ったら、

きっちり4時間で10個の議題が片付くのです。

さすが、キャッシュフローコーチ軍団(^o^)/

photo
食事とお酒を堪能した後の打合せ。
気持ちも口も軽くなり楽しいアイデア続出!
photo
大勢の方に来てもらうための
アイデアがいっぱい!

そして、打合せの後は
美味しいお酒と食事で盛り上がって・・・
・・・
・・・
からの再会議!

お酒が入った状態で言いやすい雰囲気が高まると、
アイデアが更にでてきます。

そして、翌日はより大勢の人に
来て頂くための知恵出しをして

楽しく密度の濃い合宿は
閉幕となりました。

MVPコンテストの成功の先に・・・

今回の合宿に参加して感じたことがあります。

同じ世界観を持った人たちが同じ目的を持って
温泉や、大広間や、寝室など日常と異なる空間に集まると

photo
館内にはいたるところに
こんな案内が!
(注)吉田拳さんは
   今回の幹事です

いつもとは違う角度から
思いもよらない意見がいっぱい出てきます。

私たちが集まれば、今回のMVPコンテストだけでなく
もっと新たなことができるのではないか、

そんなワクワク感でいっぱいになった合宿でした。

プロセスも結果も楽しむ大人の学園祭
11.27
「第2回 MVPコンテスト2017 in 後楽園ホール」
皆さんもぜひこの空間を味わってくださいね。

以上、MVPコンテスト合宿2017のレポートでした。

photo

<文責> 大宮3期 「元気ですかっ!」内山 崇行

top