Report:協会活動レポート

協会活動レポート

photo
2018.01.04 みんなでプロレス、イッテンヨン 東京ドームプロレス観戦

2018.01.04

みなさん、こんにちは。
“元気があれば、何でもできる 元気があれば、プロレスも見れる!”

協会活動レポート・プロジェクト
大宮3期 “元気ですかっ!”内山です。

2018年最初の協会イベント
「レッスルキングダム12 新日本プロレス in 東京ドーム」
のプロレス観戦を、日本キャッシュフローコーチ協会(JCFCA)の
有志で行ってきたので、その模様をお伝えします。

なぜ、プロレス観戦なのか

改めておさらいします。

photo
2016年のMVPコンテストで披露された
チャンピオンベルト理論。
全てはここから始まった!?

2016年の第1回MVPコンテストでお披露目された
「チャンピオンベルト理論」

そして、養成塾の中で披露された
「凱旋帰国理論」

そして、リングの上で行う
キャッシュフローコーチにとっての最大のジャンプ台
「MVPコンテスト」

これらは、全てプロレスに着想を得てできたものです。

「ビジネスに必要なことは、すべてプロレスに学んだ」
という和仁先生。

私たちも、和仁先生と同じように学びを得るために、プロレス観戦を行います。

そう、これは、学びの場なのです!

まずは恒例、ランチ会で戦いのゴングが鳴る!

試合に先立ち、東京ドーム近くの中華料理店で、メンバーが集まります。

photo
既存メンバーも新規メンバーも
一同に会したランチ会
2018年のJCFCAの重要テーマも
ここで発表!

今回の参加者は、なんと、23人!

第1期のベテランから、第4期のルーキーまで
そして、プロレス歴30年オーバーのプロレス通から
初観戦のメンバーまでが一同に会し、

今日の楽しみや、今年にかける思いなど
様々なことを話し合います。

まさに、「安心安全ポジティブ」な場で
繰り広げられるバトルロイヤル!
既に戦いは始まっています!

なお、この場では、和仁先生から
2018年の日本キャッシュフローコーチ協会の重要なテーマ
「一段上の自立性と主体性の発揮」も発表されました。

今後、このテーマにより協会が
どのように変わっていくのか、姿を現していくのか、期待感が高まります!

そして、いよいよ試合開始
photo
闘いに挑むCFCのパレハ(仲間)たち。
既に気持ちがタギッてます!

そして、いよいよ本編へ!
東京ドームに入場しました。

第0試合から、第9試合まで
全部で10試合。

迫力あり、笑いあり
力技あり、ラフファイトあり、
驚きあり、感動あり

他の格闘技とは違う、この、ふり幅の広い
「何でもあり」なプロレスのだいご味を堪能しました。

絶対王者 対 カリスマのメインイベント
photo
オカダ・カズチカ選手が描かれたお金、
“レインメーカー$”を手にして
満面の笑みの(左から)熊澤さん、
和知さん、和仁先生、清家さん

そしていよいよ、メインイベント。

絶対王者の
オカダ・カズチカに挑むのは

かつて受けていた大ブーイングを、

会場全体からの声援に変えた

“制御不能のカリスマ”
内藤哲也です。

その戦いの構図は約1か月前に、
この東京ドームの隣にある後楽園ホールで行われた
熱い熱いMVPコンテストを思い出しますね。

個人的には、内藤 哲也選手の入場シーンが
記憶に残っています。

photo
セミナー講師として参考になる、
内藤 哲也選手の”トランキーロ“な
入場シーン、必見です!

ブーイングを浴びていた過去から
人気が出るまでの模様を煽りVTRや
観客の目をとらえて離さぬ
内藤選手のゆったりとした立ち振る舞い、

コンサル現場での前置きや
セミナー会場での自分の見せ方に
大いに参考になりました。

●学びを振り返る

終わった後の延長戦やSNSなどで、
今回の参加者から上がった、気付きをシェアします。

photo
試合観戦後の延長戦。
ここでの復習が学びの効果を
さらに高めます!

「それぞれの選手が
 それぞれの役割を理解し、
 まっとうしている姿に心打たれた。

 他人との比較ではなく、
 自分サイズの成功とは
 こういうものだと感じた」

「メインイベントに向かう
 過程で醸成されていく場の空気感が
 なんとも言えず素晴らしい。

 ストーリーに乗せつつ、周りの賛同者を巻き込み、
 協力を得られれば、より大きなことが成し遂げられると感じた」

「この激闘の翌日に、すぐに新たな展開が用意されている。

 観客の期待を上回るサイクルの速さが
 顧客を捕まえて離さない秘訣と感じた」

などなど、ファン目線、主役目線、興行主目線、
様々な目線での、学びがあったようです。

やはり、プロレスは
最高の学びの場ですね。

我々のMVPコンテストも、いつかはこの東京ドームで…
なんて日が来るといいなぁ。

photo
会場に舞い散るカネの雨!
我々もレインメーカーになるぞ!

おっと、こんなことを言うと
「トランキーロ、あっせんなよ!」
なんて、内藤選手に言われてしまいそうですね。

我々は、自分サイズのアウトプットを愚直に続けて
オカダ・カズチカ選手が言ったように
「金の雨、感動の雨、驚きの雨、幸せの雨」
いろいろな雨を、日本キャッシュフローコーチ協会や
関わるクライアントの皆さんに
降らせていきましょう。

以上、

2018.1.4 プロレス観戦 in 東京ドームの
協会活動レポートでした。

photo

<文責> 大宮3期 内山 崇行

top