Report:協会活動レポート

協会活動レポート

photo
2017.12.27 MVPコンテストマニュアルミーティング

2017.12.27

みなさん、こんにちは。
協会活動レポート 東京1期 草間です。

今回のレポートは、
「MVPコンテストマニュアルミーティング」
に参加してきたのでその模様をお伝えします。

photo
会場は、三井住友海上あいおい生命保険
勝並支社長のご好意で
会議室をご提供して頂きました。

協会の一大イベント
「第2回MVPコンテスト2017」
380名を超える方に参加して頂き、
大盛況で終えることが出来ました。

実行委員として本当に嬉しかったです。

昨年は、会場が「後楽園ホール」へと移り、
実行委員の役割も多くなりました。

ただ、そこはキャッシュフローコーチ。

自立性と主体性を存分に発揮するチャ~ンス
そして、結果だけでなくプロセスも楽しみましたよ。

そのひとつが熱海で合宿の合宿でした。
(詳しくは、↓↓↓)
http://www.jcfca.com/report016.html

その他にも、沢山のミーティングを行われ、
コンテストを終えることが出来ました。

なぜマニュアルミーティングを開催したのか

普通であればコンテストが終わると、
実行委員の役割も終わってしまうところですが、

更に一段上のレヴェルでのMVPコンテスト開催を
するために、2017年実行委員で、12月27日に
「マニュアル策定ミーティング」を開催しました。

今回は、特別ゲストとして、
遠藤聡さんが参加されました。

遠藤さんは、大規模イベント運営のスペシャリスト
でMVPコンテスト当日実行委員メンバーをサポート
して下さいました。

成果の出る会議をする方法がここにあり

当日は和仁先生はじめ18名が集まりました。

photo
動画撮影も入り、気合のこもった
ミーティングになりました。

本業で忙しい中、
平日昼間の5時間を使う会議ですから、
和仁先生や早苗委員長のいたるところでの
気配りがありました。

なぜ、この会議が成果の出る会議なのか。

それは、上に書いた
和仁先生や早苗委員長の気配りだけではなく
具体的なノウハウが満載でした。

例えば、
・会議当日までの準備
・誰をどんな役割にすると良いか
・会議冒頭の前置きトーク
・安心安全ポジティブな場づくり
・記録をとる方法
等々。

まず、会議当日までの準備ですが、
和仁先生と早苗委員長でしっかりと打ち合わせをされ、
1ヵ月前から出欠の管理や定期的なリマインド、
3週間前には当日の議題も発表され、
参加者全員が事前準備をしっかりとされ、
会議に参加されていました。

次に、誰をどんな役割にすると良いかですが、当日の司会進行は、
2連覇中のチャンピオン生岡さんが担当しています。

通常であれば、実行委員長が適任かと思いますが、
実行委員長としての発言の場もあるので
そちらに最大限、力を発揮して頂くことになりました。

他の実行委員もそれぞれ発言の場があります。

そこで、生岡さんが司会、議事録を担当されました。

このように、それぞれの役割を
出来るだけ均等にすることも非常に大切ですね。

photo
ミーティングの様子。
みんな一生懸命です!

そして、今回の記録をとる方法が複数ありました。
1・議事録
2・録音
3・写真
4・動画撮影

これだけあると、この記録そのものが
マニュアルになっています。

個人的には、動画撮影は
かなりインパクトがありました。

当日にマニュアルが完成

今回のミーティングでは、
・和仁先生から次回コンテストからの決定事項
・各担当者から「今回の振り返りや課題」
・実行委員長の選出方法
などが話し合われました。

最初に、和仁先生が本日の決定事項を発表があり、
和仁先生らしい、新たな試みの発表もありました。

特に、第3回MVPコンテストの開催日発表の時は、
すごい盛り上がりで、会議をしているというよりも
イベントをしているようでした(笑)

photo
和仁先生から
次回コンテスト決定事項説明中

その、第3回MVPコンテスト2018は、
2018年11月26日(月)
ジューイッテンニーロク
に開催決定です!

すぐに、スケジュール帳を開いて、
ジューイッテンニーロク
MVPコンテストと書きましょう。

その後、各担当者より、
「今回の振り返りと次回への課題」
を発表がありました。

準優勝の清家さんも九州から駆けつけてくれ
プレゼンター側からの「振り返り」もありました。

そして、特別ゲスト遠藤さんからは、
「振り返り」だけでなく、
イベントを大成功させるための秘訣を
実例を上げながら惜しみなく話して頂きました。

目から鱗の話ばかりでメモをとるのが間に合わなかったのですが、
それ以上に、遠藤さんの話がとても面白くて、聞き入っていましました。

遠藤さんがとても楽しそうに話されているのが、
とても印象的でした。

ミーティングを終えて、
すでにマニュアルが完成していることを実感しました。
・マニュアルミーティングスケジュール表
・決定事項をコンパクトにまとめた議事録
・動画
・音声
この4点セットです。

こういうマニュアルの作り方って盲点でした。
これってすごいノウハウだと思います。

これで2018以降の実行委員メンバーは、
格段にやりやすくなること間違いなしです。

2018年のMVPコンテストに向けて、
モチベーションが上がりっぱなしの、最高なクオリティータイムでした。

延長戦は吉田拳さん御用達の名店へ
photo
この外観だけでも入るのに
ちょっと躊躇してしまいました(笑)

5時間の戦いを終え、
脳みそにたくさん汗をかき、
疲労感とか達成感とか
色々な感覚を味わっていました。

そして、待ちに待った延長戦。

延長戦のお店は、
名店「不ニ楼」
です。

拳さん御用達のお店で、
「熟成鮨」
で有名なお店です。

photo
戦い切った仲間たち。
みんないい顔してます。

田舎育ちの私からすると、
一人では絶対に入る勇気がもてない
高級感満載の外観です。

拳さん。
ありがとうございました。

これも実行委員になったから出来る経験です。

初めて熟成鮨を食べたのですが、
いつも食べているお寿司よりも、
濃厚な味わいで絶品でした。

photo
その後再延長戦へと…

その他にも、鳥料理も絶品で、
稀少な日本酒も味わえて、
そこに仲間との楽しい会話があり、

終始大盛り上がりで大満足の
2時間でした。

最後は和仁先生に締めてもらい、
コンプリート。

MVPコンテスト実行委員は、
ジューイッテンニーロクに向けて始動しました。

ジューイッテンニーロク
「MVPコンテスト2018」
を楽しみにしていて下さい。

以上、MVPコンテストマニュアルミーティングの報告でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

<文責> 東京1期 草間 輝之

top