Report:協会活動レポート

協会活動レポート

photo
2018.05.14 コンスタ&CFC合同研修会

2018.05.14

5月14日に行われた
コンスタ(No1コンサルスター養成塾)と
CFC(キャッシュフローコーチ養成塾)の
合同研修会の報告です。

今回のレポート担当は“自ら”名乗り出たけれど、
海霧のため大分空港から飛行機が「また」飛ばず
コース変更で遅刻参加した、福岡2期(大分)浦田しゅんさく です。

【前説】
前半戦最後に到着したため
前半は頂いた音声で報告させてもらいます。
…先に言えば“説明”です(^-^;

コンスタとCFCの卒業生が集まった!
photo
時は来た!
コンスタ&CFC卒業生が出会う瞬間。

コンスタ(No1コンサルスター養成塾)と
CFC(キャッシュフローコーチ養成塾)の
卒業生が集まった!

贅沢なメンバーが一度に揃う、
そんなプレミアムな研修会。

和仁先生・遠藤先生から、今回の研修会の意図、
『異なる性質が交わった時の化学反応』
『出会い』
の説明がありました。

立場の違いがもたらすコミュニケーションギャップ
photo
まずは和仁先生。
何度か聞いた内容なのに
違って伝わるのはなぜか?

まずはキャッシュフローコーチ、
和仁先生の講義です。

テーマは
「イメージで伝えるのは事例ストーリー」。

相手のお困りごと起点で
言語化した事例ストーリーを語ると
イメージが伝わるという講義です。

では、
提案時に見込み客が内容を理解しているのに
なかなか「Yes」の返事ができないのはなぜか?

そこには、
“関係性の未構築”と”情報量の不一致“
2つの問題があるといいます。

この“情報量の不一致”がまさに
「立場の違いがもたらすコミュニケーションギャップ」

あるM&A事例で起きた同様の問題を
『全行程(入口から出口)の価値の見える化』の
ストーリーが解決に導くのです。

キャッシュフローコーチが顧客にもたらす価値のストーリー
photo
養成塾時代のように、
真剣に課題に取り組む参加者。

いつもCFCの皆さんが使っている
「お金のブロックパズル」
これを『全行程(入口から出口)の価値の見える化』に
使いイメージさせてあげる説明がありました。

改めて
ブロックパズルの多様性の素晴らしさと
使いやすさを学びました。

養成塾受講中に何度も見た
『キャッシュフローコーチが顧客にもたらす価値のストーリー』こそ
まさしく全行程の価値の見える化の図でした。

でもこの図は、顧客に見せるものでなく
自分自身を説得するストーリーツールなのです。

遠藤先生の深イイ講義
photo
ベージュのスーツが似合う遠藤先生。
講師業だけでなく現役プレイヤーとして
ご自身の成果報告を発表。

続いて遠藤先生の講義です。

正直
深いお話で上手に伝わるかどうか心配ですが
気づきだけでも記載させてもらいます。

まずは
【成果が出る関わりであれば
 コンテンツはなんでもOK】
という内容を
最近のご本人の活動を通じての解説でした。

遠藤先生も和仁先生も、以前うまく行ったコトを、我々に伝えているのではなく、
これからも同様に、うまく行くコトを伝えているのです。

実際に最近の遠藤先生は、ご自身もプレイヤーとして
今までのコンテンツで、未経験の医療業界で成果を出しています。

まさしく和仁先生が言った、関係性の構築ができて
お困りごとを解決できる、関わり方が大事という内容でした。

そして、これからのコンサルタントは
【ゴールが見えない世界にどう関わるのか】という
課題を解決しなくてはならない。

非常に深イイ話でした。

コンスタとCFCがつながる延長戦
photo
異なる性質が交わる時。
いろんな科学反応が起きてます!

ここからが冒頭にも載せた
『異なる性質が交わった時の化学反応』の
時間帯です〜♫

私個人的に、この時間帯が2ゴールと決めていたので
積極的にコンスタ組に交流させてもらいました。

CFC仲間とは違う性質というのが
肌を感じてわかります。

中には、コンスタもCFCも両方受講している方も多く、
また仲間が増えました。

photo
最後の最後まで有意義な時間でした。
次回が楽しみです。

未定ですが
「コンスタ&キャッシュフローコーチ養成塾」の
開催を検討しているようです。

1度に2つ学べるという贅沢な養成塾
とっても楽しみですね。

以上、コンスタ&CFC合同研修会の
レポートでした~

写真&音声資料&編集協力:ボス大宮3期 内山さん

photo

<文責> 福岡2期 浦田 俊策(うらた しゅんさく) 株式会社 三宝

top