開場 / 12:30
(コンテスト開始 / 13:00)

※ 30分で約500名の受付を行うため、
当日は大変混み合います。
  12:30にご来場頂きますよう、
ご協力よろしくお願いいたします。

ついに始まりますよ!

ビジョナリーパートナーの和仁達也です。

photo
昨年の第3回MVPコンテスト

このMVPコンテストでは、
事前に選出された精鋭6人が

「キャッシュフロー(CF)コーチが
 
クライアント先で
 
どんな成果を上げたのか?
 
また、具体的にどうやって?」

「CFコーチがプレイヤーとして
 
めざましい成果(受注やJVの実現など)
 
をどのように実現したのか?」

を、10分間のプレゼンに凝縮して、公開してくれます。

しかも今回の舞台はセミナー会場ではありません。
プロレスの世界観を反映して、
聖地・後楽園ホール
です!

昨年2018年の第3回MVPコンテストの
ダイジェスト動画(3分間)はこちら。

日頃、断片的に聞いている成果の全貌がわかり、また水面下では
どんな思考や動きをしていたのか、その成功の秘訣を再現性を持って知ることができる。

そして、それを目の当たりにした人は、心が奮い立ち、
自然と「チャレンジしよう!」という気持ちがフツフツと
湧き上がってくることでしょう。

「自分は結構イケてると思っていたけど、もっとスゴい人がこんなにいたとは!」
「自分も、もっとさらなる高みにいこう!」
「もっと工夫してみよう!」
「もっと行動量を増やそう!」

心に火がつき、あなたの行動を突き動かす衝動が
腹の底から湧き上がってくる1日となる
ことをお約束します。

その状態こそ、和仁が長年
カンパニースピリッツに掲げている
「ワクワク感動」している状態なのだと思います。

ぜひ、意識レベルの高いCFコーチ全員が
集合する場の景色を見て、この1日、
CFコーチの世界観をみんなで堪能しましょう!

このMVPコンテストは、

「成果発表するプレゼンターとして登壇参加」 するも良し、
「エクセレントな成果を見て、刺激を受けに観覧参加」 するも良し。

どっちもありのお祭りです!

参加スタイルを1人ひとりが自分で選んで、
当日を迎えるまでの日々を約半年間、それぞれのCFコーチが楽しみに過ごす。

それが、CFコーチがさらに一体感を感じつつ、
日々の実践を加速するきっかけにもなればと願い企画しました。

このMVPコンテストに参加するのは、
協会に属するCFコーチと2019年度の養成塾生を中心に、
CFコーチのご家族や事務所のスタッフ、クライアントや友人、
そしてCFコーチの活動に関心を持ってくださっている人たちです。

彼らがここで得られるものは、
人によってそれぞれ異なるかも知れません。

いったい、何が得られるのか?

それは、次のようなものでしょう。

1・CFコーチが得られるものは何か?

1・CFコーチが得られるものは何か?

仲間の成果に触れて、モチベーションがアップし、
明日からの行動が加速し、成果が前倒しで手に入る
きっかけとなるでしょう。

2・ご家族が得られるものは何か?

2・ご家族が得られるものは何か?

「パパ(ママ)はこんなスゴい人たちに囲まれて、
 
こんな素敵な仕事をしているんだ!」

という誇らしい気持ちになれ、また、CFコーチとしては、
家族に仕事を理解してもらえることで、
家族からの尊敬と感謝の眼差しで見つめられる機会
となるでしょう。

3・スタッフが得られるものは何か?

3・スタッフが得られるものは何か?

ボス(=CFコーチ)がやろうとしている
CFコーチの世界観が一発で伝わり、社内に共通言語が生まれます。

それによって今後、事務所のビジョンをスタッフに話したり、
新企画をスタートする際に所長にとって話がしやすい環境
が生まれ、
自然に活気つく効果も期待できると思います。

そして、この日を起点に 事務所のビジョンが加速 することでしょう。

4・2019年度の養成塾生が得られるものは何か?

4・2019年度の養成塾生が得られるものは何か?

1年後の、理想の姿がここにある。
それを先取りすることができます。

人はイメージに引っ張られて動きます。

このMVPコンテストで脳に焼き付けることで、体が勝手に動き始め、
1年後にはあなたが壇上に立っているかも知れません。

今、コンテストを見届けることは、そのリハーサルとしてピッタリでしょう。

さらに、翌月に入会を控えている日本キャッシュフローコーチ協会の
既存メンバーと前倒しで交流できるので、
協会内で活発に進んでいる各種プロジェクトにもスムーズに参画でき、
たくさんの仲間をつくれて、養成塾終了後もロケットスタートできます。

5・CFコーチのクライアントや、専門家の力を借りたい経営者が得られるものは何か?

5・CFコーチのクライアントや、専門家の力を借りたい経営者が得られるものは何か?

生の事例ストーリーをいくつも聞くことで、
自分の「ワクワクするビジョンを実現する」ために、
第三者の専門家をどう活用するのがベストか、がわかります。

お金や人のわずらわしい悩みは、一人で抱え込まず
専門家と二人三脚で取り組むことで、
経営者本来の“本業に集中できる環境”を手にいれるイメージが湧き、
その実現へのはじめの一歩を踏み出せることでしょう。

6・CFコーチに関心がある人が得られるものは何か?

6・CFコーチに関心がある人が得られるものは何か?

「今の自分になくて満たされていない何か」を手にいれる場になります。

そして、新しい何かが人生に加わり、
未知な可能性を感じる機会になることでしょう。

それは、
「納得の報酬を得ながら、
 
クライアントの本業ど真ん中に貢献するやり方がある!」

という希望なのかも知れません。

さらに4賞の授与も!

さらに4賞の授与も!

MVPを表彰するだけでなく、今回は特別賞を4つ用意しました。

1.フルスイング大賞・・・思い切った実践、挑戦を行った人へ 2.あり方進化大賞・・・あり方に顕著な進化があった人へ 3.協会盛り上げ大賞・・・協会の盛り上げ・発展に多大な貢献をした人へ 4.エクセレントエリア大賞・・・最もエクセレントな影響力を発揮したエリアチームへ
1.フルスイング大賞・・・思い切った実践、挑戦を行った人へ 2.あり方進化大賞・・・あり方に顕著な進化があった人へ 3.協会盛り上げ大賞・・・協会の盛り上げ・発展に多大な貢献をした人へ 4.エクセレントエリア大賞・・・最もエクセレントな影響力を発揮したエリアチームへ
昨年、フルスイング大賞を受賞された 佐藤さん 昨年、あり方進化大賞を受賞された 峠本さん&鈴木さん 昨年、協会盛り上げ大賞を受賞された 西野さん 昨年、エクセレントエリア大賞を受賞された チーム九州のみなさん
昨年、フルスイング大賞を受賞された 佐藤さん 昨年、あり方進化大賞を受賞された 峠本さん&鈴木さん 昨年、協会盛り上げ大賞を受賞された 西野さん 昨年、エクセレントエリア大賞を受賞された チーム九州のみなさん

これらの4賞は、事前に投票を行い、コンテスト当日は
その受賞式と受賞者のコメントを発表してもらいます。

特に、表に見える行動の水面下で、どんな思いがあったのか、
その普段は見えないところを話してもらうことで、
仲間に勇気を与え、また、ヒーローとして仲間に迎えられることでしょう。

ところで、
そもそも、なぜMVPコンテストを行うことにしたのか?

それをお伝えしたいと思います。

なぜ、MVPコンテストを行うのか?

なぜ、MVPコンテストを行うのか?

わたし和仁が長年に渡り、多くのコンサルタントや経営者の支援をしてきた中で、

「短期間で急激な成長・進化を遂げる人の共通点」

に気づきました。それは、

「アウトプットが先で、インプットが後」

ということです。

普通の人は十分にインプットをして、
自信がついてからアウトプットする、
という順番です。

その方が安心だからですね。

ところが、短期間で急激な成長・進化を遂げる人は、
見切り発車でアウトプットする場を先につくって、そこめがけてインプットする のです。

つまり、有言実行で「やらざるを得ない状況をつくる」ことが上手い。

その意味で、年末にMVPコンテストという「アウトプットの場」があることで、
CFコーチが日々のコンサルティングを充実させるきっかけになれば、
と願い、開催を決めました。

では、CFコーチが登壇する意義とは何でしょうか?

成果発表プレゼンで登壇する意義とは?

成果発表プレゼンで登壇する意義とは?

それは、登壇してプレゼンすることで、

・「アウトプットが先」効果で、成果が加速し、
・人に伝えるために成果を整理することで再現性がアップし、
・仲間に活躍を認知される。

photo

その結果、セルフイメージが勝手に引き上がり、
次のステージに導かれることが最大の意義
だと
わたしは考えています。

従来の、序列が出来上がった士業の世界と違い、
キャッシュフローコーチは新たな価値観を
これから生み出します。

つまり、日本キャッシュフローコーチ協会では、
誰もがヒーローになれる可能性がある。

その晴れの舞台が、まさにこの、第4回MVPコンテストなのです。

なぜ、後楽園ホールで行うのか?

なぜ、後楽園ホールで行うのか?

では、なぜこのコンテストをわざわざ後楽園ホールで行うのでしょうか?

これを語りだすと紙面が長くなってしまうので、
詳しくは2016年のコンテストでお話しした「チャンピオンベルト理論」の
スピーチ動画(15分)に譲ります。

チャンピオンベルト理論

ご覧いただけましたか?

要するに、主宰者である和仁が
「ビジネスで必要なことは、すべてプロレスから学んだ」
からです。

そのプロレスの聖地・後楽園ホールで開催することで、
世界観の一貫性が保たれ、「アウトプットが先」を具体的に
実践することができます。

というのも、日本CFコーチ協会の会員が約470人なのに、
今年いきなり後楽園ホールを満席にするつもりはありません。
(定員1,500人)

今はまだ、CFコーチの人数とあまりに合わないですからね。

ただ、これを何年かけてフルハウスにするか、の
ストーリーの第1章が始まったのです。

そして、これからみなさんと一緒に、ここを満席にする景色を
一緒に作っていきたいと考えています。

当日は和仁達也の講演も!

当日は和仁達也の講演も!

photo

さらに、このMVPコンテストでは、プレゼンターの発表が終わり、
投票結果の発表までの45分間、和仁達也の講演があります。

テーマは、
実録!全員参加経営★実践ストーリー Vol.2
〜 20年間コンサル関与した企業の変容進化の実話を大公開! 〜

と題して、先生型ではない“パートナー型のコンサルタント”が
20年間、クライアントとどう関わり、どうなったか?
を初公開します。

とりわけ昨年は、コンサル関与して1~4年間の立ち上げ時期を初公開しました。

今年はその続き、5~8年目の継続期、とりわけクライアント先で
4年連続赤字という厳しい状況が続く中、どうしていたのかを初公開します。

この話を聞くことで、コンサルタントにとっては、
「クライアントの業績が厳しいときの向き合い方」がわかります。

経営者にとっては、ビジョン実現のために
「自力でやった方が良いこと、専門家の力を借りた方が良いこと」
の違いがわかりますし、

「地方の10人以下の小企業が、どうやって全国展開し、
 
業界の第一人者のポジションに飛躍するか」

のプロセスがわかります。

ところで、

みなさんは、コンサルタントが1つの企業に
20年に渡ってコンサルをすることって、
イメージできますか?

・どんな変化が起こるのか?

・そもそも20年もの間、一体、何をするのか?

その事例ストーリーや、そこから紡ぎだされる教訓は、
きっとあなたのビジネスやコンサルティングにおいて、活かせるはず。

この話しは、普段のセミナーでは一切、語ることがない、希少な内容です。

とりわけ、クライアントの本業ど真ん中に貢献しながら、
5年、10年と長期に渡ってパートナーとして関わりたいコンサルタントの方は、
この話は必見
です。

さて、当日のスケジュールはこのような流れです。

MVPコンテストのスケジュール

MVPコンテストのスケジュール

13:00 ~ 17:00 / コンテスト&和仁の講演会

・コンテストの進め方と採点方法の説明
・6人のCFコーチの10分間プレゼン
・和仁達也の講演
・MVPおよび4賞の発表

17:00 ~ 19:00 / 立食形式の懇親パーティー(延長戦)

・和仁達也や全国で活躍するCFコーチとの交流
・実行委員のお楽しみ企画
・立食形式の懇親パーティー

MVPコンテストの詳細のお知らせ

MVPコンテストの詳細のお知らせ

日時

2019年11月25日(月)
※ 13時~17時までコンテスト、その後19時まで延長戦
※ 申込期限は11月18日(月)23時59分まで

開場

12:30(コンテスト開始 / 13:00)
※ 30分で約500名の受付を行うため、当日は大変混み合います。
 
12:30にご来場頂きますよう、ご協力よろしくお願いいたします。

場所

後楽園ホール(東京都)

参加費

A・CFコーチ(協会会員&現役塾生):
  19,440円(税抜価格18,000円)

B・一般の方(懇親パーティーあり):
  10,800円(税抜価格10,000円)

C・一般の方(懇親パーティーなし、
  
コンテストのみ):
  6,480円(税抜価格6,000円)

※ A、Bともに、懇親パーティーの飲食代含みます。
※「B・一般の方」は、CFコーチのご家族やスタッフ、クライアント、
 
知人に我々の活動を知っていただきたいために、
 
参加しやすい特別な価格設定にしています。
※ さらに「C・一般の方」席は、「CFコーチとの接点の
 
あるなしに関わらず、CFコーチの活動に関心がある人」にも
 
広く気軽に参加しやすいように用意しました。

支払方法

クレジット決済のみ
(事務局の管理の都合上、
 
クレジット決済のみとさせていただいております)

キャンセル
ポリシー

原則として申込み後のご返金はいたしません。

申込者には、当日の参加の有無を問わず、
 
当日のコンテスト風景を収録した動画をストリーミングで
 
ご覧いただけます(後日メールにて配信予定)。

  また当企画は、少数精鋭で運営しており、
 
キャンセル時の返金対応などが難しいと判断しました。
 
そのため、原則としてキャンセル料のご返金は行いませんので、
 
予めご了承をよろしくお願いします。

【 スマホからのお申込みで
エラーが出る方へ 】

→ こちらのPDFをご確認ください。
【 CFコーチのみなさまへ 】
※ クライアントや見込み客、あるいはご家族を、参加費をCFコーチが自己負担して招待したい場合は、
申込みボタンのBかCを選択して、備考欄にその人の名前とメールアドレスを記載してください。

最後に。この実行委員メンバーがお届けします!

最後に。この実行委員メンバーがお届けします!

今年のMVPコンテストは、実行委員長の城臺 綾さんの指揮のもと、
前年度実行委員長で今年は顧問の生岡直人さん、
段取りリーダーの草間輝之さん、イベント統括リーダーの和知康成さん、
マーケティングリーダーの熊澤斉さん、パンフレット制作リーダーの道又正人さん、
演出リーダーの青木優介さん、ならびに委員長サポーターズの
内山崇行さん、坂本春之さん、西野順子さん、遠藤聡さん、清家巧貴さん、
そして、第1回から引き続き舞台演出の吉田拳さんを中心にした、
約30人の精鋭の実行委員メンバーが1年がかりで準備を進めています。

みなさん、忙しい人たちばかりですが、

「CFコーチの喜ぶ顔を見たい!」
「協会をさらなる上のステージに引き上げたい!」
「新たな景色を見てみたい!」

との思いから、この「結果も楽しみ、プロセスも楽しむ“大人の学園祭”
MVPコンテストの準備に情熱を注いでくれています。

運営メンバーでもあり、その前にCFコーチ仲間でもある彼らの
情熱に触れに来てくださいね。

実行委員長からのメッセージ

実行委員長からのメッセージ

実行委員長の城臺 綾です。

MVPコンテストは、
協会会員(キャッシュフローコーチ)が自分自身を
飛躍させる最高のジャンプ台であり、最高の学びの場となる
一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会の年間最大のイベントです。

今年も、見事に予選を突破した
日本各地で活躍するファイナリスト6名が
本選の舞台「後楽園ホールのリング」で熱いプレゼンを披露します。

今年、第4回MVPコンテスト2019のテーマは
「Every One HERO」
~誰かが誰かのヒーローであり、あなた自身もヒーローである~

6名のファイナリストが、
それぞれのコンサルティング現場で
クライアントのお役に立った事例やノウハウをご紹介し、
協会会員にとっても、それ以外の方がご覧になっても、
自社の経営やビジネスの気づきとなる場を提供いたします!

参加されている皆さんは、
様々なコンサルティングのバリエーションを手に入れ、
新たな一歩を踏み出す勇気をヒントを得ることができるはずです。

MVPコンテストは、日本キャッシュフローコーチ協会会員である
約30人の精悦メンバーが、約1年間かけて、企画・コンセプト作り・
会場手配・会場運営・販売促進・PR活動・舞台演出・ケータリング手配・
企業との折衝等の準備を行い、毎年、変容・進化を続けています。

「Every One HERO」
企画があっても、演者がいなければ「企画倒れ」になります。
企画と演者がいても「舞台と演出」がなければ輝ける場になりません。

企画・演者・舞台・演出があっても、
運営する実行委員そして登壇者に声援を送り、
場を盛り上げてくださる観覧者がいらっしゃらなかったら、
「リハーサル」の域を越えられず、
感動する場を実現させることができません。

後楽園ホールに集まってくださる方々は、
一緒にMVPコンテストを盛り上げてくださるHEROです!!!

後楽園ホールは、一般的なビジネスセミナーが行われる会場とは異なるため、
手狭でご不便をおかけする点もあると思います。

しかし、日本初!“格闘技の聖地”「後楽園ホール」で
3年連続ビジネスコンテストを開催しているイベントは、
日本キャッシュフローコーチ協会のMVPコンテストだけです!

どうぞ後楽園ホールに足を運んでいただき、
リングに登壇するファイナリストに
熱い声援を送っていただけるとうれしいです。

協会代表理事 和仁達也氏による熱い講演もあります!
和仁先生が投げかける熱い言葉が、あなたの未来への可能性を
さらに伸ばしてくれることでしょう。

11.25後楽園ホールで皆様にお会いできますこと、
そして一緒に場づくりができることを
実行委員一同、心より楽しみにしております。

2019年度MVPコンテスト実行委員メンバー

2019年度MVPコンテスト実行委員メンバー

◆ 代表理事 / 和仁達也
◆ 実行委員長 / 城臺綾
◆ 顧問 / 生岡直人

◎ チームリーダーズ
  ● イベント統括チーム / 和知康成(リーダー)
   
井上由希子・大塚訓・小野澤寿一・草間輝之・坂下千春・田中孝男・藤堂武久・
   
ボランティアのみなさま
  ● マーケティングチーム / 熊澤斉(リーダー)
   
あべき光司・いのくちゆうすけ・大島ゆかり・金子文・小池織嗣・近藤敏弘・
   
宍戸友紀・仲光和之
  ● パンフレット制作チーム / 道又正人(リーダー)内山崇行・近藤敏弘
  ● 演出チーム / 青木優介(リーダー)熊澤斉・西野順子・道又正人・吉田拳
  ● グッズ制作チーム / 青木優介(リーダー)大塚訓・西野順子
  ● PR広報チーム / 城臺綾(リーダー)近藤敏弘・仲光和之
  ● 地方創生チーム / いのくちゆうすけ・大島ゆかり・金子文・宍戸友紀

◎ 委員長サポーターズ
  ● 官房長官 / 内山崇行
  ● プレゼンサポーターズ / 清家巧貴
  ● 財務大臣 / 西野順子
  ● 舞台演出(総合監督)/ 吉田拳
  ● AAP場づくりリーダー / 坂本春之
  ● イベントサポーター / 遠藤聡
  ● 映像 / 岡本城一
  ● カメラマン / 濱口太
  ● MC / 田中ケロ
  ● 事務局 / 福田純

*****************************************

**********

さて、お知らせは以上です。

記念すべき、伝説の第4回キャッシュフローコーチMVPコンテスト、
一体、どんな空気感が会場を支配するのか!?

わたしたちと一緒に、是非それを体験しましょう。

<
一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会 代表理事 和仁達也

追伸、

このMVPコンテストに参加することで、
行き詰まりを感じていた発想や行動に火が付き、

「自分にもまだまだできることあった」

と、自然と動かずにはいられない機会 になるはずです。

【 スマホからのお申込みで
エラーが出る方へ 】

→ こちらのPDFをご確認ください。
【 CFコーチのみなさまへ 】
※ クライアントや見込み客、あるいはご家族を、参加費をCFコーチが自己負担して招待したい場合は、
申込みボタンのBかCを選択して、備考欄にその人の名前とメールアドレスを記載してください。

追伸2、

昨年の第3回MVPコンテストの参加者の声をこちらに紹介します。
あの感動を、今年もぜひ一緒に味わいましょう。

キャッシュフローコーチ養成塾で学んだノウハウが使い手によって
多種多様にアレンジできることが具体的にわかったことが良かったです。

● 坂本純一税理士事務所
坂本 純一 さま

キャッシュフローコーチのノウハウに各個人のビジョンが合わさり
独自のあり方、独自のモデルへと昇華されている印象です。

純粋に参考になりました。

● (株)One go One way
清田 直哉 さま

6人のプレゼンすべてが自分の明日からの1歩につながります。

和仁先生の講演を聞いて、
お客様が何を求めているのかを知ることの大切さがわかりました。

集団の中で歩みを止めないようにしたいと感じました。

川村 尚武 さま

お一人お一人の仕事、クライアントとの関わり方の
原点にあるものを見せていただき普段、目の前の仕事に気をとられ
忘れがちな自分の仕事、行動の根っこにある想い、モチベーションを
改めて胸にきざむ機会を頂きました。

これからの仕事の姿勢、取り組み方が
変化するきっかけとなると確信できる内容でした。
ありがとうございます。

汐口 あゆみ さま

コンテストに関わられたすべての方々が
このコンテストを絶対に成功へと導くという決意と行動があってこその
この盛り上がりだったと思います。

エネルギーの高い時間と空間の場を提供いただきありがとうございました。

横川 裕之 さま

コンサルタントのありたい姿
コンサルタントを入れて有効な社長のタイプなどよくわかりました。

個性豊かな発表者のプレゼンに大きな刺激を受けました。

皆で協力し合い刺激しあって活躍し成長しておられる
キャッシュフローコーチの方々の姿がまぶしいです。

● (株)クレアサファイア経営事務所
青石 吉司 さま

それぞれがキャッシュフローコーチという職業をとおして
自分自身とそして自分の人生と向き合い
自分の道を見つけられているのが本当に素晴らしく
明日から自分も前に進んでいこうというパワーを頂きました。

山根 知典 さま

キャッシュフローコーチの可能性の大きさに素晴らしいと思いました。

新しい仕事の創造もできると感じられました。

キャッシュフローコーチのビジョンを世界に広げれば
世界は変わると実感しました。

鴻池 和也 さま

実務者としての体験やストーリーの事例が
今の自分の悩みに直結していてとても共感しました。

● メディティメント(株)
杉浦 鉄平 さま

キャッシュフローコーチとして
6人のプレゼンターのプレゼンや和仁先生の講演を聞いて
私自身、キャッシュフローコーチの価値を再確認、再発見できました!

佐藤 恵介 さま

プレゼンターのチャレンジする姿を見て、刺激と勇気を頂きました。

ありがとうございます!

自分自身も今日からチャレンジしていきたいと思います。

● とみた税理士事務所
富田 晋治 さま

このイベントの作り方、和仁先生のあり方
キャッシュフローコーチングを受けるとどうなるのか
ということがわかり、とても良い気付きを頂けました。

岩井 結 さま

各プレゼンターのストーリーの骨子、展開を練りに練った上で
ロープレも何度もしたことが目に浮かび感動しました。

● つなぐコンサルティング(株)
榑松 貴 さま

まず勇気をもらえました。
一人ではなくみんなでキャッシュフローコーチを頑張っているのが励みになります。

プレゼンターの話を聞いて胸が熱くなりました。
プレッシャーがあるにもかかわらず、それを力に変えて…。
この場にいると、一人でないことがわかる。仲間がいる。
この仲間が行動を加速してくれる。
10年後、どんな景色になっているか、大変楽しみです。

木貞 哲夫 さま

初めて参加しましたが、
自分がキャッシュフローコーチであることの誇りを再確認できました。

来年は自分がプレゼンターになりたいと強く感じました。

● (株)ダストボックス
高杉 卓也 さま

各登壇者が何を大切にクライアントや仲間と関わっていることが分かり
とても刺激をいただきました。

自分自身がクライアントに覚悟を持って関わっていく
そんな思いを改めて持つことができました。

● 佐竹正浩税理士事務所
佐竹 正浩 さま

キャッシュフローコーチとしての関わり方や貢献の仕方は
本当に無限だなと改めて感じました。

今日はたくさんの勇気を頂き、明日からの活力になりそうです。

徳本 利貴 さま

6人のプレゼンを聞いて、昨年の自分がフラッシュバックしました。

一歩踏み出さないとわからないこと
やってみないと見えない世界がある。

6人のプレゼンと和仁先生の講演を聞いて
あらためてやる気と勇気を頂きました。

● (株)財務戦略研究所
鈴木 二郎 さま

すごい熱量で心が熱くなりました。

発表者ひとりひとりの成長を共有することで
自分のセルフイメージが高まりました。

素晴らしい時間をありがとうございました。

● ライフサイクル(株)
原田 実 さま

プレゼン内容、演出なども、昨年よりさらにグレードアップしていました。

プレゼンからは、キャッシュフローの大切さをあらためて感じると同時に
キャッシュフローコーチの魅力も体感できました。

さらなる発展をお祈り申し上げます。

立石 剛 さま
【 スマホからのお申込みで
エラーが出る方へ 】

→ こちらのPDFをご確認ください。
【 CFコーチのみなさまへ 】
※ クライアントや見込み客、あるいはご家族を、参加費をCFコーチが自己負担して招待したい場合は、
申込みボタンのBかCを選択して、備考欄にその人の名前とメールアドレスを記載してください。

top